スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷の牙カバルドン


カバドリラティに入るカバルドンの技構成は
あくび 吹き飛ばし ステルスロック@1
をよく見かけるのですが、最後の枠を地震ではなく氷の牙のカバルドンを使っていて、結構牙が役立つ場面があるなと思ったのでメモ程度に。

◎対気合パンチポイヒガッサ

HPが低い状態で吹き飛ばしを選択した場合、先に気合いパンチで殺される可能性も大いにあるので、この時に氷の牙を先制で打って相手の身代わりを壊しておくことで次のポケモンが身代わりの無いガッサと対面することができる。
胞子くらう→吹き飛ばしを選択→起きなかったら身代わり破壊の氷の牙
即起きしなくても身代わりを破壊できるのは大きい。

◎対グライオン

欠伸ループから抜け出すために後ろからやってくるグライオンに打つ場面と、氷の牙無警戒でカバを削りに来るグライオンもいるので2場面ほど打ちたいときがある。
カバルドンでグライオンを削っておくことでドリが舞ったあとにグライオンがアイアンヘッドを受けきれないようにすることができる。
一回氷の牙を当てるとPP枯らしか様子見に守るからの身代わりを貼ってくることが多かったので身代わりに合わせて吹き飛ばしを当てられると大きい。また、有長にカバにグライオンを後出しできなくなる。

◎その他飛行ポケモンや竜

飛行タイプがあるからといってカバからの打点がないと思って悠長に行動している相手に刺さる。一発攻撃を入れればあとはドリの雪崩やガブの場合は地震圏内に持って行けるので積極的に打っていきたい。特に初手ボルトカバ対面は積極的に殴りに行きたい。

△デメリット
鋼に対する打点が0になるのと、ローブシンに対する削りの性能のある地震がなくなるのが若干辛い。
ただ、起点になるのを防ぐ欠伸や吹き飛ばしがあるのでそれをうまく活用していきたい。
ラス1カバと鋼対面を作った瞬間負けなので注意して動きたい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

安藤孝太郎

Author:安藤孝太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。